MENU

スコッチとバーボンはどう違う?おすすめのおつまみや割り方を調べてみた

ウイスキーの中でも特に人気な「スコッチ」「バーボン」。

二大ウイスキーとも呼べる2種類ですが、正直違いがよく分からない方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、スコッチとバーボンの違いやおすすめの割り方・おつまみについて調べてみました。

ジャックダニエル
¥4,478 (2023/01/28 06:39時点 | Amazon調べ)
目次

スコッチとバーボンの3つの違い

スコッチとバーボンの違いは、産地や製造方法、原料まで様々な違いがあります。

突き詰めるとかなり複雑な違いになってくるので、初心者さん向けに分かりやすい違いを解説しますね。

スコッチとバーボンの大きな違いは以下の3つ。

  • 産地
  • 原料
  • 風味

それぞれ、どんな特徴があるのか見ていきましょう。

違い①スコッチはスコットランド、バーボンはアメリカ・ケンタッキー

スコッチウイスキーは、その名の通りスコットランドで作られたウイスキーです。

対してバーボンは、アメリカのケンタッキー州で作られたウイスキー。

どちらも、その土地で作られなければスコッチやバーボンを名乗ることはできません。

違い②スコッチは大麦、バーボンはトウモロコシが原料

産地の違いからも分かる通り、

  • スコッチ(スコットランド)の原料は大麦やホップ
  • バーボン(アメリカ)はトウモロコシが原料

です。

蒸留するので原料の味はあまり分からなくなっているのですが、風味や甘味が少しずつ変わってきます。

違い③スコッチはスモーキーで重厚、バーボンは甘めで飲みやすい

原料の違いから、トウモロコシが原料のバーボンの方が甘味は強く感じられます。

一方のスコッチですが、大麦を乾燥させるときに使うピートと呼ばれる原料がスモーキーな風味をプラス。

また熟成期間がスコッチ>バーボンという事から、スコッチの方がやや重ために感じられるでしょう。

スコッチとバーボンに合う「割り方」は?

甘めで飲みやすいバーボンは、ロック・ストレート・ハイボールなど、どの飲み方も美味しく頂けます。

最近はCMの影響からか、ハイボールで飲む人が多いようですね。

ジャックダニエル
¥4,478 (2023/01/28 06:39時点 | Amazon調べ)

一方のスコッチは、豊かな風味と重厚さを楽しめるロック・ストレートが人気。

特に「氷をゆっくり溶かしながら変化を楽しむ」ロックは、年代物の特別なウイスキーを楽しむのにぴったりです。

スコッチとバーボンに合う「おつまみ」

スコッチはピートの香りが強いので、ガーリック系やスモーク系を選ぶと香りを邪魔しません。

  • スモークサーモン・チーズ
  • ガーリックトースト
  • チキンのガーリックソテー

などがおすすめです。

対してバーボンは甘味が感じられるので、同じく甘いバニラアイスやチョコレートと食べるのもおいしいです。

アメリカ産のバーボンなので、肉料理との相性も抜群。脂身が少ないものを食べるときにぴったりです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次