MENU

アールグレイとダージリンの違いは?人気の2つの紅茶を解説

ダージリンやアールグレイと聞いて「紅茶の一種だな」と分かるものの、どちらがどう違うかを説明できる人は意外と少ないです。

ダージリンとアールグレイの違いですが、「ダージリンは茶葉の一種」「アールグレイはフレーバーティーの一種」という違いがあります。

それにより美味しい飲み方やミルクとの相性が変わってくるので、ダージリンとアールグレイの違いについて詳しく解説していきます。

トワイニング
¥1,371 (2024/05/09 19:37時点 | Amazon調べ)
トワイニング
¥1,164 (2024/05/09 19:37時点 | Amazon調べ)
目次

アールグレイとダージリンの違い

アールグレイとダージリンの違い

冒頭でも解説したとおり、ダージリンとアールグレイの違いは

  • ダージリンは「茶葉の一種」
  • アールグレイは「フレーバーティーの一種」

という違いがあります。

というわけで「ダージリンベースのアールグレイ」という紅茶も存在します。ややこしいですよね。

ダージリンは世界三大紅茶のひとつで、インドのダージリン地方で取れる茶葉のことです。

マスカット・フレーバーと呼ばれるさわやかな香りが人気で、抽出液は赤みが少なめの色となります。

トワイニング
¥1,371 (2024/05/09 19:37時点 | Amazon調べ)

一方アールグレイは、ベースの茶葉にベルガモットの香りを付けた「フレーバーティー」と呼ばれるもの。

ベースとなる茶葉はダージリンはもちろん、セイロンやティンブラといった他の紅茶も使われます。

トワイニング
¥1,164 (2024/05/09 19:37時点 | Amazon調べ)

ダージリンの美味しい飲み方

ダージリンは収穫時期により味わいが変化するので、茶葉に合った飲み方をしてみましょう。

  • ファーストフラッシュ(一番摘み)→茶葉本来の香りが一番強い
  • セカンドフラッシュ(二番摘み)→マスカットフレーバーが一番強い
  • オータムナル(3番摘み)→深みとほどよい渋みが感じられる

ファーストフラッシュとセカンドフラッシュは、茶葉の香りが楽しめる「ストレート」で飲むのがおすすめです。

アイスで飲む場合は、一度お湯で濃いめに抽出したあと氷で割る方法が良いでしょう。

オータムナルはストレートだと渋みが強いと感じられる場合があるので、その時はミルクティーにして飲むとリッチな味わいを楽しめます。

トワイニング
¥1,371 (2024/05/09 19:37時点 | Amazon調べ)

アールグレイの美味しい飲み方

アールグレイは茶葉にベルガモットの香りが後で付けられているので、お湯で抽出するとかなり強くベルガモットが香ります。

強めの香りを楽しみたい人はホット、ストレートで楽しみましょう。

アイスティーの場合も同様に、お湯出ししてから氷で割ると香りがガツンと鼻に来るので、苦手な方は水出しで柔らかい香りにすると◎。

トワイニング
¥1,164 (2024/05/09 19:37時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webライター歴10年の主婦。美容・健康・妊活・子育て・お仕事情報・ガジェットなど多くのジャンルで「どう違う?」を執筆してきました。
面白い豆知識をお届けできるよう、随時更新していきますね♪

目次